【ネタバレ】メカニック ワールドミッションのあらすじ&感想

『メカニック』は、エクスペンダブルズやトランスポーターシリーズでおなじみの「ジェイソンステイサム」演じるアーサービショップ
が、まるで機械(メカニック)のように任務を忠実に遂行する「殺し屋」の映画です。
『メカニックワールドミッション』はその続編にあたる2作品目です。

スポンサードリンク

トランスポーターシリーズを観てきた私からすると、
「ジェイソンステイサムのかっこいいアクションが観れる!!」というだけで心踊りながら観始めました。
結果からすると、、、

「、文句なしでかっこいい!!!」

メカニック ワールドミッションのあらすじ(ストーリー)の説明をするので、ネタバレ注意です。
また一個人の感想を書かせていただきたいと思います。
若干記憶違いもあるかもですがご了承ください。

メカニック ワールドミッションのあらすじ

まず、舞台はブラジルから始まります。
前作で、ビショップが自身を死んだように偽装して終わりました。
ブラジルでひっそりと船で悠々自適に暮らしていたところに、殺しの依頼が舞い込みます。
しかし、拒みビショップは逃亡するのです。

その逃亡の仕方がかっこいい。
客が乗ったゴンドラの上部に飛びのり敵から逃げます。
追ってくる敵に逃げ場を失ったかに思えましたが、ゴンドラから大ジャンプ。

落ちた先にはハンググライダーが…。
って「そんなのアリ!?」と思いながらも、もうすでに引き込まれている自分でした。笑
(ここまでが、冒頭の部分です。ここからは、ストーリーの本筋を語っているので、知りたくない方はご遠慮ください。)

今回の暗殺依頼は、逃げた先でもビショップは刺客を送り込まれます。
ジーナという今回のヒロインの登場です。
ジーナはカンボジアの子供たちを人質に取られ、てその弱みに付け込まれてビショップに近づいたのです。

殺しの依頼は、クレインという昔ビショップと一緒に暗殺者として訓練を受けていた兄弟子からの依頼だったのです。

そしてビショップは決意します。
ジーナやカンボジアの子供たちを助けクレインと決着をつけることを。(ここでやっと暗殺の仕事開始って感じです。)

暗殺依頼は3つ、まずはマレーシアの刑務所に収監されている武器商人です。

刑務所でのミッション

今回のターゲットの一人はマレーシアの刑務所にいるクリルという闇で働く武器商人です。
刑務所の囚人たちのトップで護衛がついており、容易に暗殺することができません。

また、断崖絶壁の孤島に位置する刑務所なので入ることも脱出することも厳しいのです。

まず、ビショップは警察に自らつかまり、同じ刑務所に収監されることで潜入し、クリルに復讐する囚人を撃退することで信頼を得てクリルに近づくことに成功します。

そして、薬物使用による事故死で暗殺しミッション完了。
私はもうこの段階で「かっこいい、スマートなアクションだ!!」って感じでビショップに魅了されていました。

2人目のターゲットは

クリルの暗殺に成功したビショップは、クレインから次の暗殺を言い渡されます。

次は高層ビルの最上階に住む大富豪で、過去に人身売買で稼いだ経験がある闇組織とのつながりがある人物です。
また、ビルの屋上にはガラスで張り出したプールがあり、天空に浮かぶプールで泳ぐのが日課になっているとクレインに説明されます。
(もうそこを狙うってバレバレですね。)

ビショップは暗殺の準備をし、いざ決行。
まずビルの屋上へと窓ガラスにへばりつきながらプールの底に向かうのです。

そして用意した爆弾をガラスに埋め込んで爆発、ターゲットが落下、暗殺に成功。
成功させたことで、クレインがビデオ通話でジーナと会話させることを許します。

そのジーナとの会話の中で居場所を伝えようとします。
ビショップは居場所を見つけ出し、救出に試みますがもう一歩のところでクレインに阻止され、3人目の暗殺を強いられることになります。(まあ、お決まりの展開って感じですね。)

最後の依頼は・・・

最後の暗殺のターゲットは、トミーリージョーンズ演じる武器商人マックスアダムス。(ラスボスにふさわしい俳優さんですね。)

完璧といっていいほどの要塞に住んでおり、地下には潜水艦を配備してこれまでの暗殺で最も厳しいミッション。
さらにこれまでの2人の暗殺で警戒されていることもあって24時間以内に暗殺をクレインに命じられます。

ビショップはこの暗殺を利用して、クレインに対抗することを画策するのです。
救急ヘリに搭乗し、要塞に潜入。
たくさんの敵をなぎ倒して一対一でアダムスと交渉します。
そしてビショップはアダムスを事故死に偽装して、クレインを地下の潜水艦施設おびき寄せる作戦を実行するのです。

最終対決の末に

ビショップの計画にまんまとはまったクレインは、地下の潜水艦施設に部下を連れていき、ビショップの殺害を命令します。

ビショップは、地下施設で部下と戦いクレインとジーナが乗る船に向かいます。
クレインとの戦闘の末に船の爆弾をクレインは起動、ジーナは脱出ポッドで避難させましたが、ビショップは爆発に巻き込まれてしまいます。

その後ジーナは救助されますが、ほかに生存者はいないと告げられます。
しかしその後爆発した船は引きあげられ、他監視カメラをマックスアダムスが確認すると、船のダイビングベルという鐘の形をした潜水装置を利用し、爆発から身を守って生きていることに気が付いて映画は幕を閉じます。

【感想】アクション映画としては大満足!

感想を一言であらわすなら
「内容は薄いけれど、アクションメインで見るならイイ!」といった感じです。

3人の暗殺依頼はとてもありきたりなシチュエーションですし、ビショップの過去には全然触れられないという、前作を見た私はそこを期待していましたがちょっとがっかりでした。

しかし、ジェイソンステイサムのアクションはとても迫力があり、前作よりもアクロバティックで大胆に描かれています。

なので
『アクションメインで観るライトな作品』
といったところでしょうか。

ミッションインポッシブルやトランスポーターが好きな私からすると、ドンピシャのアクション映画でした。
主人公のビショップが生きているので、続編が期待でき、次回作にも十分期待が持てる映画だと思いました。


スポンサードリンク

【イチオシ】動画配信サービスおすすめランキング!

動画配信サービスなら映画や海外ドラマが見放題です。
当サイトイチオシの以下の動画配信サービスを是非チェックしてみてください!
海外ドラマや映画を見るなら「Hulu」がおすすめです!
第1位.Hulu アメリカ発の動画配信サービスとあって、海外ドラマ・映画が豊富で、画質も良いのがメリット。
さらに、国内ドラマの見逃し配信やHulu独自のオリジナルコンテンツなど全ての動画が見放題です!
第2位.U-NEXT 動画配信以外にも、電子書籍や有名雑誌などが見放題なのが特徴的です。
ただ、日本の動画配信サービスのため、Huluに比べて海外のドラマや映画が少なく、料金も他よりも高めです。
第3位.dTV 豊富なコンテンツがバランスがよく揃っていて、最も料金が安いのがメリットです。
また、dTVオリジナルコンテンツ「BeeTV」やライブやカラオケ動画なども魅力的!

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク