コウノドリ2(2017) 3話 あらすじ&ネタバレ感想!産後うつの苦しみ

コウノドリ2(2017続編)

2017/10/27にテレビ朝日で放送されたドラマ「コウノドリ2(2017)」第3話。

今回は、前話から産後うつの疑いのあった心室中隔欠損の赤ちゃんの母親・佐野彩加(高橋メアリージュン)の不安定な心が描かれています。

それでは、コウノドリ2(2017) 第3話のあらすじと感想を紹介していきます。
※この記事はネタバレ含みます。

コウノドリ2(2017) 全話まとめへ戻る

スポンサードリンク

コウノドリ2(2017) 第3話 視聴率

第3話タイトル:母を救え 産後うつと無痛分娩
視聴率:11.9%

視聴率一覧はこちら

コウノドリ2(2017) 第3話 あらすじ ※ネタバレ

鴻鳥(綾野剛)のもとに山崎麗子(川栄李奈)とその夫、山崎友和(喜矢武豊)が健診にやってくる。

麗子は肺動脈狭窄症を患っており、自然分娩で出産すると心臓に負担がかかるため、鴻鳥は無痛分娩を勧める。
麗子は「赤ちゃんを産むとき雷に打たれたように痛かったと友達に聞いたから、むしろ無痛分娩超神!」と軽く受け入れた。

佐野彩加の検診

新生児科の白川(坂口健太郎)のところには心室中隔欠損の赤ちゃん、みなみとその母親の佐野彩加(高橋メアリージュン)が来ていた。
白川は「心室中隔欠損の穴は小さくなっているから、このままいけば手術はしなくて大丈夫そう」と告げる。

しかし彩加は喜ぶ様子はなく「そろそろ保育園に預けても大丈夫か」と切り出した。
「もともと仕事に復帰しようと思ってた時期をだいぶ過ぎてしまっている。これ以上休むのはもう限界だと思うので」と言う彩加に白川は違和感を感じた。

鴻鳥と小松(吉田羊)は退院していく患者を見送った帰りに、ぼーっと歩く彩加に声をかける。
小松が「困ったことはない?」と聞くと彩加は「なんか私心配されてるんですね。でも大丈夫です」と力ない笑顔で答え病院を出て行った。
その後姿を鴻鳥は昔担当したある妊婦に重ねていた。

みなみが泣き叫ぶ部屋で彩加は保育園に電話していたが、空きがないと言われため息をつく。
みなみのそばに寄り「泣かないでよ・・・」としゃがみこんだ。

ある日のカンファレンスでは産後鬱の話題になっていた。
彩加の状態が気になると言う小松に対して、四宮(星野源)は「産後鬱は産科医の専門分野じゃない。産後鬱は立派なうつ状態で精神科の領分だ」と言った。

白川は「俺も気になっている。診察しているとき佐野さんは全然みなみちゃんの顔を見なかった。
病気の話をしていても仕事の復帰のことばかり気にしていた」と話すと
向井(江口のりこ)が「佐野さんは出産直後も赤ちゃんの病気と仕事の両立で悩んでいた」と言った。

今橋(大森南朋)が「エジンバラの結果は?」と言うと看護師が用紙を全員に配る。
エジンバラとは、エジンバラ産後うつ病質問票のことで産後の母親たちに行う問診票のことで、うつ病によくみられる症状をわかりやすく質問したものである。

赤西(宮沢氷魚)は「自己申告?それなら症状出ててもごまかせるんじゃ」と言うと
今橋は
「たしかに赤西先生の言う問題もあるかもしれない。
でもエジンバラで発見できたSOSもある」
と言う。

「自分の口から助けてと言えないお母さんは多いから」と向井も言った。
鴻鳥は問診票を見つめ、昔担当した三浦芽美(松本穂香)という妊婦を思い出していた。
四宮はその鴻鳥の様子に気付いているようだった。

今橋は「点数は問題ないな」と言うが、向井は「でも注意は必要だと思うので、保健師に話してみようと思う」と言った。

無痛分娩予定の妊婦

ナースセンターに戻った小松は「すぐそばで見ているのに何もできないなんて辛すぎる!」と
下屋(松岡茉優)に言った。
そこに電話がかかってきて、受付に無痛分娩予定の山崎麗子が来ていると鴻鳥が呼び出された。

診察室で麗子は「火事を見てしまった。
ばあちゃんに妊婦が火事を見ると痣のある赤ちゃんが生まれるって聞いた!」とかなりへこんでいた。

鴻鳥は「それ迷信です」と優しく諭し、
「気になることがあればいつでも来てください」と言った。
そのことを医局で話すと四宮は「追い返せよ」と言った。

下屋も「追い返すは言い過ぎにしても
迷信とかで妊婦さんみんな来ちゃったら困っちゃう。
最近小さなことで何度も相談に来る妊婦さんがいる。
診療時間は限られてるから参るなあって」と話した。

すると鴻鳥は「いいんだよ。
何か不安なことがあったら
いつでも来てくれたらいい」と言った。

「それに山崎さん無痛分娩って言われて驚いただろうしね」という鴻鳥の一言で、無痛分娩の話題になった。

「欧米では半分以上が無痛の国もあるし、日本は遅れてるんじゃないか」と言う赤西に
四宮が
「じゃあお前産科麻酔の専門医やるか」と聞いてきた。
「産科医と麻酔科医、相当な数を増やさないとできるわけないだろ。
外国では産科麻酔の専門医がいて無痛分娩が成り立っている。
ちょっとは頭使えよ、ジュニアくん」と四宮は冷たく言い放った。

屋上にいた赤西のところに下屋が飲み物を持ってきた。
「落ち込んでると思って」と言う下屋に
赤西は「別に。でもあんなに怒らなくてもって」と言った。

「まあたしかにそうだけど、四宮先生の言うことにはいつもきちんと理由があるよ」と下屋が言うと
赤西は「僕は産科医になる気はないですから」と言い切った。

下屋は「その考えにどうこう言うつもりはないけど、ここにいる限りあなたは患者さんにとって産科のお医者さん。そのことは忘れないでね」と真面目な顔で言った。

スポンサードリンク

産後鬱疑いの彩加の日常

産後鬱疑いの彩加の家に彩加の母親が連絡なしで訪れていた。
彩加の母親は
「部屋が散らかってる、服装もだらしない、髪もぼさぼさで」と文句ばかり言ってきた。

彩加の夫の康孝(ナオト・インティライミ)に「ごめんなさいね~何もできない娘で」と言うと
康孝は「大丈夫ですよ。僕会社ではイクメンって呼ばれてるんで」と笑って答えた。

「来週から仕事復帰するつもり、立ち上げたプロジェクトが心配だし」だと彩加が言うと
彩加の母は「それあんたがいなくても大丈夫なんじゃない?」と軽く言った。

「仕事の代わりはいくらでもおる。でも母親の代わりはいない。
康孝さんが外で頑張る、あんたは家で子供を育てる。それでいい」と言う母親に、彩加はただ黙って力ない無表情のまま立ち尽くしていた。

一方、鴻鳥は病院のNICUの前で今橋と話していた。

「今度NICUの卒業生たちの親睦会を開くから、そこでピアノを弾いてほしい」という話だった。
「子育て中ってなかなか外に行けないし、音楽を聴く余裕もなかなか持てない人が多いから」という今橋の提案だった。

院内の廊下では、向井と小松が産後鬱疑いの彩加について話していた。
向井が言うには「保健師が自宅訪問してもいつも留守らしい」とのことだったが、実は居留守で、彩加は泣いている娘を放置したままぼーっと食器を拭いているだけだった。

鴻鳥のところに無痛分娩予定の麗子が健診にやってきた。
麗子は「妊婦は体を冷やすのは厳禁って母に言われた!」と上着を4枚重ね着し、レッグウォーマー2枚重ねにしして来た。

さらに麗子は
「飲み物も白湯しか飲まない」と水筒を持参していた。

そんな麗子に鴻鳥は「何事もやりすぎはよくない。
たしかに体を冷やすのはよくない。
厚着のせいで大量に汗をかくのは心臓にもよくない。
それに妊娠中は血液の量が増えて、必要な水分も増える。
白湯にこだわらず水は常温でいいからしっかり飲んで」と優しく説明した。

麗子は迷信や言われたことをすぐに信じてしまう、とても素直な性格なのだ。

産後鬱疑いの彩加の家に夫の康孝が帰宅すると赤ちゃんが泣いている。
康孝は「泣いてるよ」と言うだけで何もしようとしない。
「私、絶対保育園入れるから」と言う彩加に康孝は「やっぱり復帰はもうちょっとゆっくりしてからでいいんじゃない?そんな焦らなくても」と言う。

すると
彩加は食い気味に「焦るに決まってんじゃない!早く戻らないと今のポジションなくなっちゃう」と怒って言った。
康孝は「やめてよ。なんでそんなイライラしてるの。出産してから性格変わったよ!このままじゃ俺しんどいよ」と言いながら娘のもとに行くと、娘が何か苦しそうなことに気付いた。

産後鬱という問題の難しさ

すぐに病院に連れて行くと白川の診察で軽い気管支炎と診断された。
康孝が白川の話を聞いている横で、彩加が無表情のまま「私の邪魔するな」と小さく呟いたのを白川は聞いていた。

廊下に出てベビーカーに乗る娘2人きりで向き合い座る彩加が「私がダメなお母さんだって言いたいの?」と呟く。
そこに帰宅しようとしていた小松が通りかかる。
小松が「本当に可愛い子だね~」と
娘に声をかけても彩加は目をそらし無表情のまま。

どうしても彩加の様子が気になる小松は、自分のLINE IDを書いたメモを「いつでも連絡してくれていいからね」と無理やり手渡そうとする。
そこに今橋と下屋が通りかかり、連絡先を渡すのを止めた。

カンファレンスルームに移動し、四宮に「個人的な連絡先を渡そうとするなんて、何考えてるんだ」と言われる。
今橋も「やり取りする中で何か問題が起きたら、病院としてもカバーできない」と言う。

小松は俯いたまま「佐野さん、いつも大丈夫大丈夫って言うの。けど、それが何か引っかかる」と言う。
四宮は「そういう助産師の勘みたいなのやめてもらえませんか」と冷たく言う。

それに対し小松は「日本の妊産婦の死因に自殺が多いのは知ってるよね?産後に自殺した人の3割が産後鬱だって言われてる。
精神疾患はなかったと言われてる4割の人も診断されてなかっただけで、そこまで追い込まれていたんだと思う!私は今苦しんでるお母さんがいるのに放っておけない!
それは四宮先生が大事にしている赤ちゃんを大切にすることにも繋がるんじゃないか!」と強く言った。

すると四宮は「それは理解している。
でも1日に何人も見る中で、そのうえで心療内科みたいなことをするのか」と言った。

鴻鳥は「話を聞くだけでも楽になってくれるお母さんもいるかもしれない。
手遅れになる前に何かできることがしたい。
そう思うのは間違ってないよ」と小松の味方をした。

今橋が「鴻鳥先生が言ってることも四宮先生が言ってることもどちらも正しい。
だからこそ、産後鬱この問題は難しい。小松さんの気持ちはわかる。
だけど今回のことはルール違反だ」と言うと小松は素直に謝った。

「感情の赴くままに患者さんの心に踏み込んでいっても、逆に彼女たちを
追い詰めてしまうこともある」と今橋は優しく小松に言った。

飛び降り自殺をした妊婦三浦芽美

鴻鳥は医局に戻り、昔担当した妊婦三浦芽美にもらった手紙を眺めていた。
そこに四宮がやってきて
「すべての患者の家族や背景を背負うことは俺達にはできない」と言う。

鴻鳥は間をおいて
「分かってるよ。
でもそのできる範囲をかたくなに守ってたら手遅れになる。
僕はもう三浦さんみたいな人をつくりたくないんだ」と三浦のことを思い返した。

三浦は泣いている子供を抱っこしてぼーっと歩いていた。
鴻鳥が声をかけると、子供が熱を出して病院に来ていたという。
鴻鳥が「何かこまってることはないか」と聞くと三浦は笑顔で「大丈夫!全然大丈夫!この子のためにも頑張らなきゃ」と病院を後にしたのだった。

「いつも思う。
あの時僕が彼女に言葉をかけられていたら。
あの時僕にもっと勇気があったら・・・
僕は彼女を救えてたのかなって」と鴻鳥は後悔していた。

三浦は泣いている子供を部屋に残し、ベランダから飛び降り自殺をしたのだった。

霊安室で三浦の遺体の前で立ち尽くす今橋、四宮、鴻鳥に対し
加瀬が「こうなる前にお前たちで何とかしてやれなかったのか?」と言った言葉が鴻鳥には重くのしかかった。

三浦の自殺は、自分がもっと親身になっていれば止められたんじゃないかとずっと後悔していた
鴻鳥に四宮は「いい加減にしろ。前を向けよ。お前が大丈夫じゃないんだよ」と鴻鳥の肩に手を置き言うのだった。

スポンサードリンク

追い詰められる産後鬱の彩加

面談を設定しようと向井が産後鬱疑いの彩加の夫、康孝に電話するが「忙しく出張続きで時間が取れない」と言われる。

彩加は部屋で泣いている娘を放置しメール受信boxを眺めため息をついていた。
頭を抱え髪の毛を触ると、ごっそりと抜け毛が手に絡まった。
そこに職場の後輩から「赤ちゃんの顔も見たいので自宅に行かせていただきたい」とメールが来た。
彩加は微笑んで返信を打ち込んだ。

無痛分娩で今日お産する予定の山崎麗子が突然無痛分娩をやめたいと申し出てきた。

「友達に言われた。
無痛分娩で産むのは赤ちゃんより自分のことが大切なんだって」と麗子は言った。

鴻鳥は「予定通り無痛分娩します。
山崎さんのお産に麻酔は最善の策だ」と笑顔で言った。

「妊娠出産は一人一人違う。考え方も人それぞれ。
自然分娩の人をいれば自分から無痛分娩を希望する人もいる。
僕は正直どちらを選んでもいいと思う」と言うと、麗子は「なら、自然分娩で!」と言うが鴻鳥は認めない。

「山崎さんは心臓疾患合併だ。
母体に負担がかかると赤ちゃんにも負担がかかる。
僕は産科医だからお友達のでたらめな話のせいで、2つの命を危険に絶対にさらすことはできない」と鴻鳥は話す。

「出産は終わりじゃない、始まりだから」と優しく鴻鳥は言った。

麗子の夫の友和も「先生の言う通りだと思う!痛みがなきゃ愛情が生まれないって言うなら俺たち男はどうやって父親になればいいんだよ」と言った。
鴻鳥は「自然分娩も帝王切開も無痛分娩も立派な出産だ。
はぐくむ気持ちや愛情は赤ちゃんが教えてくれる」と優しく言い、麗子も納得して無痛分娩で産むことに決めるのだった。

一方産後鬱疑いの彩加の家には職場の後輩が遊びに来ていた。
プロジェクトの進み具合を後輩に聞くと
「全面見直しになっちゃって、彩加さんの同期の浜口さんが新しいリーダーになった」と言われた。

彩加は後輩の話も耳に入らず呆然としていた。

無痛分娩の麗子のお産は順調だった。
麗子の夫の友和も一緒に力を入れて立ち会っていた。

麻酔は効いているが麗子は
「赤ちゃん出てる気がする。私赤ちゃん生んでる!」と嬉しそうに言った。

そして無事女の子が生まれ、迷信で男の子だと信じていた麗子は鴻鳥に「やっぱり迷信って全然当たらないね」と笑った。

産後鬱疑いの彩加は家ですすり泣いていた。
泣き叫ぶ娘に「なんで泣くのよ。泣きたいのはこっちよ」と立ち上がった。

夜、産科に電話がかかってくる。
彩加が受付に赤ちゃんを置いたままいなくなったというのだ。

鴻鳥は下屋に赤ちゃんを任せ、病院内を探す。
玄関で再び過去に産後鬱で自殺してしまった三浦のことを思い出し、その後姿を彩加に重ね、屋上へ駆けあがった。

屋上には飛び降りようとする彩加がいた。
そこに四宮が「何をやってるんだ」と冷静にやってきた。

彩加は「もうどうでもいい。
誰にも必要とされてない、母親としてもダメ」と四宮に言う。

そこに鴻鳥が駆けつける。

「先生に何がわかるの」と言う彩加に四宮は「俺に佐野さんの気持ちは分からない。
だから今あなたを引き留めているのは俺のわがままだ。
まだ治療の道がある患者を放っておくことはできない」と言った。

すると彩加は「治療?」と振り向いた。
四宮は「話したくなければ黙っていていい。
ただ少しだけ話を聞いてほしい」と手を差し伸べた。
彩加はゆっくり手を伸ばしその手を四宮は強く握った。

それを見て鴻鳥は安堵するのだった。
鴻鳥、四宮と彩加が診察室に移動すると小松が急いでやってきた。

小松は「良かった、本当に良かった!ごめんね、何もしてあげられないでごめんね」と彩加を強く抱きしめた。

四宮は「あなたは今、産後鬱にかかってる可能性が高い。
今あなたに必要なのはきちんとした知識を持った専門医の助けだ」と言った。

そこに彩加の夫の康孝が来る。
入ってくるなり「どうしてこんなことを・・・。
言ってくれよ!夫婦は二人で一つってお義母さんも言ってたじゃない」と言う康孝に
四宮は「何だそれ」と冷たく言った。
「人間は二人で一つになんかなれない。死ぬまで一人だよ。
たとえ夫婦でも、別々の人間だからこそお互いを尊重しあう。
それで初めて助け合えるんだろうが!」と四宮は康孝に強く言うのだった。

前を向き出す彩加と康孝

廊下に出て今橋と話す康孝。
「俺はダメな父親で、ダメな旦那だ」と言う康孝に今橋は「僕もダメな父親で、夫だ。
育児、自分でやってるつもりだけど、子供と四六時中一緒にいるのは妻だから。

子供にばかり目が行きがちだが、お母さんはは誰にも頑張ったねと褒めてもらえない。自分も反省だ」と話した。
康孝は「俺、まだ挽回できるかな」と今橋に言うのだった。

後日、鴻鳥のもとにやってきた彩加に鴻鳥は四宮がとった精神科の予約票を渡す。
彩加は「みんなかわいいかわいいって言うのに私はかわいいって思えない。
あんなにほしかった赤ちゃんなのに私おかしいのかなって」と言う。

鴻鳥は「産後はホルモンバランスが崩れる。
そこに慣れない子育てが重なって
精神や体調のバランスを崩す方は決して少なくない。
みんなが陥る可能性がある症状だ」と話した。

向井は赤ちゃんやその親たちが集まる場を提供する団体の冊子を渡す。
小松は「ほかの人の力を頼るのはダメなことじゃない。
みんな当事者じゃないから、勝手な理想を押し付けてくるけどそんなのポイしちゃえばいいから!」と言った。

向井も「こんな仕事してるけど、自分の子供を窓から投げ出しちゃいたいと思ったこと何度もある。
みんな子育てを美化しすぎ。髪振り乱して必死にやっている。
少しくらい誰かに頼っていいんだ」と話した。

彩加は涙を流しながら「そんなこと考えたこともなかった」と言った。

鴻鳥は「赤ちゃんが0才ならお母さんもお父さんも0才ですよ」と笑顔で言った。

そこに彩加の赤ちゃんが連れてこられた。
彩加は赤ちゃんを抱っこして泣きながら「かわいい。かわいいです」と何度も繰り返した。

医局に戻った鴻鳥に四宮は「どうだった?」と聞き、鴻鳥は「佐野さん、精神科行ってみるって。あと向井さんが紹介した子育て支援センターにも興味を持ったみたいだよ」と話した。
そして「四宮、ありがとう」と言うと四宮は「何のことだ」ととぼけた。

「本当に僕たち産科医にできることは小さいね」と言う鴻鳥に四宮は「生まれた瞬間から赤ちゃんとお母さんの変化を見続けている。それは小さなことじゃないだろ」と言った。

病院のロビーでNICU卒業生の懇親会が行われた。
鴻鳥のピアノ演奏をたくさんの赤ちゃんとその親たちが聞いている。

無痛分娩で出産した麗子は下屋に「生むまでいろいろ不安だったけど、鴻鳥先生の言葉に救われた」と話した。
産後鬱の彩加の夫の康孝は「俺、イクメンじゃなくて父親になるから」と彩加に言い、彩加の手を握るのだった。

白川のもとに緊急搬送の赤ちゃんがやってくる。
その赤ちゃんの母親は以前、カフェで四宮と会っていた女性だった。

産科では切迫早産で入院している患者が、妊娠高血圧症候群で緊急帝王切開になりそうになっていた。

四宮は赤西に「なぜ言わなかった」と言うと、赤西は「内科だったらそのくらいの血圧の患者は不通にいるし」と言うと「だったら明日から内科に行け。もう参加には来るなバカ」と言い放ち、去っていった。

「別にいいじゃないか。何もなかったんだし」と軽く言う赤西の頬を下屋が叩いた。

2話のあらすじへ4話のあらすじへ

スポンサードリンク

コウノドリ2(2017) 第3話 視聴者の感想

2話の感想へ4話の感想へ

見逃した方・もう一度見たい方はこちら!
【再放送】コウノドリ2 見逃し配信動画を無料で見る方法

【人気投票】コウノドリ2 キャスト ハマり役は誰?

※3票まで選択可

【コウノドリ2(2017) 関連記事】
コウノドリ2(2017)キャストと全話視聴率&あらすじ一覧
コウノドリ2(続編) 病院のロケ地・撮影場所・目撃情報まとめ
2017年秋ドラマ視聴率ランキング一覧!リアルタイム速報中
スポンサードリンク

【ドラマを見逃した方必見!】動画配信サービス紹介

動画配信サービスなら放送中のドラマはもちろん過去ドラマも高画質で視聴することができます。
スマホ1台あれば、いつでもどこでも見たいドラマのフル動画を見ることが可能になります!
今なら無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

FOD(フジテレビオンデマンド)
【配信ドラマ一覧】
・健康で文化的な最低限度の生活(主演:吉岡里帆)
・パフェちっく! ※見放題
・グッド・ドクター(主演:山崎賢人) ※見放題
・絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ Season3(主演:沢村一樹)※見放題
・絶対零度~未解決事件特命捜査~ Season1 (主演:上戸彩)※見放題
・限界団地 (主演:佐野史郎)※見放題
・モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー(主演:ディーン・フジオカ)※見放題
・コンフィデンスマンJP(主演:長澤まさみ)※見放題
・シグナル 長期未解決事件捜査班(主演:坂口健太郎)
・不倫食堂 ※FOD限定ドラマ(主演:田中圭)※見放題
・海月姫(主演:芳根京子)※見放題
・FINAL CUT(主演:亀梨和也)
・隣の家族は青く見える(主演:深田恭子)※見放題
・明日の約束(主演:井上真央)
・民衆の敵~世の中、おかしくないですか?~(主演:篠原涼子)※見放題
・僕たちがやりました(主演:窪田正孝)
・コード・ブルー 1~3(主演:山下智久)※見放題

【人気ドラマシリーズ】
・医龍 1~4
・救命病棟24時 シーズン2~5 ※見放題
・古畑任三郎 シリーズ1~3 ※見放題
・テラスハウス
・あいのり

※2018年9月時点。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。
Hulu
【2018年夏ドラマ】
・マジムリ学園(主演:小栗有以)※見放題
・トーキョーエイリアンブラザーズ(主演:伊野尾慧)※見放題
・ゼロ 一獲千金ゲーム(主演:加藤シゲアキ)※見放題
・探偵が早すぎる(主演:滝藤賢一・広瀬アリス)※見放題
・サバイバル・ウェディング(主演:波瑠)※見放題
・高嶺の花(主演:石原さとみ)※見放題
・幸色のワンルーム(主演:山田杏奈)※見放題

【2018年春ドラマ】
・崖っぷちホテル!(主演:岩田剛典)※見放題
・Missデビル人事の悪魔・椿眞子(主演:菜々緒)※見放題
・正義のセ(主演:吉高由里子)※見放題

【2018年冬ドラマ】
・卒業バカメンタリー(主演:藤井流星・濱田崇裕)※見放題
・anone(主演:広瀬すず)※見放題
・もみ消して冬(主演:山田涼介)※見放題
・トドメの接吻(主演:山崎賢人)※見放題

【2017年秋ドラマ】
・奥様は、取り扱い注意(主演:綾瀬はるか)※見放題
・先に生まれただけの僕(主演:櫻井翔)※見放題
・今からあなたを脅迫します(主演:ディーン・フジオカ)※見放題
・吾輩の部屋である(主演:菊池風磨)※見放題

【人気ドラマ】 女王の教室(主演:天海祐希) 家政婦のミタ(主演:松嶋菜々子) ハケンの品格(主演:篠原涼子) 花咲舞が黙ってない 第1シリーズ・第2シリーズ(主演:杏) ミス・シャーロック/Miss Sherlock(主演:竹内結子)
※2018年9月時点。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はHulu公式ホームページにてご確認ください。
U-NEXT
【2018年夏ドラマ】
・dele(主演:菅田将暉&山田孝之)
・ヒモメン(主演:窪田正孝)
・ハゲタカ(主演:綾野剛)
・探偵が早すぎる(主演:滝藤賢一・広瀬アリス)※見放題
・ラストチャンス 再生請負人(主演:仲村トオル)
・GIVER 復讐の贈与者(主演:吉沢亮)
・インベスターZ(主演:清水尋也)
・遺留捜査 第5シリーズ(主演:上川隆也)
・刑事7人(主演:東山紀之)
・高嶺の花(主演:石原さとみ)
・幸色のワンルーム(主演:山田杏奈)※見放題
・バカボンのパパよりバカなパパ(主演:玉山鉄二)

【人気ドラマ】
・おっさんずラブ
・正義のセ(主演:吉高由里子)
・崖っぷちホテル!(主演:岩田剛典)
・宮本から君へ(主演:池松壮亮)
・BG~身辺警護人~(主演:木村拓哉) ・ドクターX シリーズ1~5(主演:米倉涼子)
・孤独のグルメ シリーズ1~7(主演:松重豊)
・科捜研の女 15~17シーズン(主演:沢口靖子)

【大河ドラマ】
・西郷どん(主演:鈴木亮平)

【朝ドラ・昼ドラ】
・半分、青い。(主演:永野芽郁)
・わろてんか(主演:葵わかな)
・トットちゃん!(主演:清野菜名)

※2018年9月時点。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXT公式ホームページにてご確認ください。

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク